一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

藤沢市政

藤沢市給食フェアが開催 再び県議会で全員制の中学校給食が実現できるよう県が市町村へ財政支援を行うよう知事に求めます

2022年1月15日

IMG_0713IMG_0716

IMG_0717

藤沢市の学校給食フェアの展示が市役所1階ロビーで行なわれています。小学校の「給食室のお仕事」には、自校調理方式の給食の様子が詳しく示されています。藤沢の小学生が多彩な献立に喜び、おいしい、楽しい給食の時間を過ごしているのは栄養士さんや調理員さんたち、そして生産者さんのおかげだと実感できます

 中学校も各学校に調理室が作られ、生徒たちが小学校と同じような自校調理方式の給食が全員で食べれるようになればいいですね。

どうして藤沢はデリバリー弁当なのかと新たに藤沢に引っ越してきた方々から聞かれます。議会での答弁や議論の内容を伝えると「藤沢ってお金がない市なんですか!?お弁当を持たせたい親が多いなんて!デリバリー弁当は子どもがおいしくない注文したくないという、だから弁当を持たせているのに」と声がよせられます。

 私は県議会に再び戻り、県が各市町村に財政支援を行い全員制の中学校給食が実施できるよう知事に迫りたいと思っています。藤沢の子どもたちから喜ばれている全員制の給食室でつくる給食を、中学生にも!