一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

県政

共産党県議団と予算・施策に関わる要望書を知事に提出しました!

2021年11月16日

IMG_0492

今年も、県内のさまざまな団体の皆さんと懇談し要望や意見をお聞きしてきました。その後、共産党県議団で内容について議論し、まとめた要望書を県知事に提出しました。知事と短時間ですが懇談ができました。

それぞれの一言発言で、私はコロナ対策において神奈川モデルでの陽性者の自宅療養は、本人に自己責任が強いられ、家族も厳しい状況に追い込まれた。第6波に向けて陽性の方が症状に応じて入院でき充分な治療が受けられるよう県として取り組むことを求めました。

 知事からは要望書をよく見させてもらうと言い、感染が落ち着き、給付などの支援が終わり心配している。時短が終わったが、客が戻ってきているわけではない。協力金もない中、これから厳しい状況になっていく懸念があると発言しました。

 県民の切実な願いが詰まった要望書です。是非予算に反映してほしい内容です!