一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

社会問題

防災について考える 「ふじさわ防災ナビ」全戸配布  村岡地区の開発より市民の命と財産を守る災害対策を優先に!

2021年7月14日

IMG_0210

 藤沢市から大切なお知らせ「ふじさわ防災ナビ~わたしたちにできること~」 保存版が全戸配布されました。

IMG_0211IMG_0212

村岡 鵠沼 片瀬地区の洪水・内水・土砂災害ハザードマップです。赤い部分は3m~10m未満浸水区域です。

IMG_0213

辻堂 鵠沼地区の津波ハザードマップです。赤紫は津波浸水深6~7m、青や薄紫は2~4mを表しています。引地川には、大正型関東地震津波の浸水範囲も示されています。

 

 先日、藤沢でも大雨による避難指示警報がだされました。今後のゲリラ豪雨や台風、地震など大規模な災害がいつ発生するかわからない状況です。

 市民の備えは大事ですが、国・県・市が十分な予算を優先して使い、災害・防災・水害対策を積極的に進め、住民の命と安全、財産を守る立場で取り組むことがもっとも重要です。

 共産党は大規模開発よりも、優先すべきは住民の命を守る災害・防災・水害対策!引き続き強く求めて行きます。