一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

県議会

神奈川県議会日本共産党県議団代表質問 4分間の間に2分で止まる村岡新駅は「ヘルスケアによる最先端のまちづくりが加速する重要な取り組み」 知事答弁

2021年2月18日

DSCN3617

新型コロナワクチン接種、特別措置法と感染症改正への対応、生活支援金、休業支援金、学生生支援、生活保護の申請時の扶養照会、2021年予算編成案、地球温暖化対策、介護保険の改定、デジタルトランスフォーメーションについてなど質問内容が多岐にわたりました。

 休業補償は知らされてない。情報提供や周知はしているというが、県の取り組みはHPや支援制度の一覧で国のコールセンターを紹介しているだけ。神奈川労働センターに相談がきても、国のコールセンターを紹介するだけで、何件の相談があったかも把握していないことを示し相談窓口の設置、体制の強化、申請手続きがしやすいようにチラシなどを作成すべきです。知事は県のコロナ支援のHPはじつにわかりやすく出来ていると言われると自慢したのには驚きました。

 村岡新駅設置事業は中止すべきに対して、「駅ができることによりヘルスケアイノベーションによる最先端のまちづくりが加速する重要な取り組み」と答弁しました。駅は知事肝いりのヘルスケアイノベーションのために必要だと!また県の担当課は持続可能な県土整備のために重要な取り組み、市は持続的に発展し、サスティナブルな都市であり続ける本市の発展に結びつく投資。

 誰のために駅がつくられるのでしょうか。住民不在の新駅と周辺開発です。戦略駅と位置づけられ企業がくれば発展?最先端のまちづくりも、サスティナブルな都市も、ヘルスケアも市民は望んでいません。私たちのくらしの目線で、必要なことを優先しその願いに沿って進めてほしいです。

 市民から中止を求める署名が県と市に提出されましたが、回答は締結しましたの結果論。また市のパブリックコメントの内容も公表されていません。議会に説明もないまま覚書を締結したと発表。突然の強引なやり方に怒りが広がっています。

私たちは引き続き、事業の中止を求めていきます。

 これから、市も県も議会が続きます。来年度予算案について質疑が行なわれます。ご意見・ご要望を是非、共産党市議団、県議団にお寄せください。