一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

未分類

2度目の緊急事態宣言発出に関し、神奈川県知事にコロナ感染対策強化を求める申し入れを行いました!

2021年1月12日

日本共産党県議団・県委員会は、1月12日神奈川県知事宛に、「緊急事態宣言の発出に関し、感染拡大防止のため、検査の抜本的拡充や自粛への十分な補償を求める申し入れ」を行いました。

 私は、政府の対応を待つのではなく、県独自の施策を行うべきと発言しました。

 *時短営業の協力金については、店舗の規模に応じた十分な補償と迅速な補償を行い、飲食店だけでなく納入業者、生産者も含めて影響を受けるすべての業者への補償を行うこと。

 *国に対し、持続化給付金、家賃支援給付金、雇用調整助成金、休業支援金の打ち切り、縮小ではなく、継続するよう求めること。

 *医療機関への財政支援を直ちに拡大すること。

 *医療機関、福祉施設への社会的検査を県の責任で行うこと。とくに無症状者に対する積極的検査を実施すること。検査費用は全額国費とするよう強く国に求めること。

 *保健所体制を強化すること。感染追跡を専門に行うトレーサーの確保を。

 *大学生・福祉職・医療従事者・養成校在学者への学費補助、奨学金返済の救済措置を講じるよう、国や関係団体に求めること。また県独自支援策を講じること。

 以上が主な内容です。

 引き続き、コロナ感染症対策を強化し、県民の命を守る役割を県が果たすよう求めていきます。