一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

社会問題

ジェンダーの視点

2020年11月30日

 

DSCN3391

  山茶花

娘の住む、都留市の市議会だよりに「女性の健康について包括的支援に関する法律」の制定を求める国への意見書が9月25日付で提出されたと記載がありました。

 

DSCN3407

 女性の体は、人生のライフステージ(結婚・妊娠・出産・閉経等)において大きく変化するという特性に着目し現在の女性の健康問題に対する対策は十分であると言えない状況、女性の健康支援対策の総合的かつ包括的支援に関する計画的な推進を図ること。ライフデザインの形成ばかりでなく、社会参加を後押しするキャリアデザインの形成や健康問題に的確に対応できる支援の実現となっています。

 否定をするわけではありませんが、なにか違和感を感じます。提出先に女性活躍担当大臣も含まれています。

 確かに健康診断の無料化は必要ですし、検診が受けやすい環境を整えることも大事です。女性と限定するかどうかも含めて課題を感じる意見書です。