一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

社会問題

暑さに備えて

2020年6月9日

DSCN2793

 ビワの実が色づいて美味しそう!

これから夏の果物がでまわります。スイカやプラム、メロン・桃・ぶどう、なしと秋にかけて楽しみです。みずみずしい果物は体を冷やしながら糖分と水分補給ができます。

 広報ふじさわの一面も熱中症に注意しましょう!と呼びかけています。

DSCN2824

 熱中症予防のためにと項目がありますが、コロナ禍の中でリスクが高まっていることが心配です。特にマスクですが、熱がこもり危険が増し、さらに水分補給も頻繁にしにくなります。さらに運動で汗をかく習慣を身につけると熱中症にかかりにくいとありますが、自粛生活が続いていたため体力も落ちているので厳しいです。

 マスクは野外では、周りの人と距離が確保できる場合は適宜外しましょう。となっていますが、一人で歩くときは外して歩いてもいいのではと思ってしまいます。もちろん誰かと会話をする、交通機関や人の集まるところ、3密になる時はマスクは必要ですが・・・

 ところで学校の教室は夏の間、エアコンの使用と窓の換気を定期的にするのだと思いますが、窓に網戸がありません。これから夏の間は、蚊が入ってきてさされることがあります。

DSCN2825

 「蚊に気を付けましょう!」とあり、デング熱など感染症に注意。網戸の設置も示されていますが、教室の網戸の設置こそ早急に必要です。

藤沢市も子どもたちに一人一台のパソコンの予算が12億円と議会に提案されていますが、子どもたちの健康を守るために教室環境の整備も優先すべきではないでしょうか?