一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

社会問題

中小業者の家賃支援や給付金、協力金を急いで!

2020年5月9日

DSCN2742

 お店の家賃が払えない!休業や時間短縮、また売上の減少が深刻で、レストランは18万円、美容室は40万円とのしかかる重い家賃負担に多くの中小業者は、廃業や倒産の恐怖で夜も眠れないと店主の方から訴えがあります。事業を継続するためには家賃の補償が今すぐ必要です。緊急事態宣言が解除されても、お店や事業所を失っては再開できません。

 尋ねた美容室は、2月の末に緊急小口資金の手続きをして、昨日5月8日に口座に入金があり家賃がなんとか払える。なんと2か月もかかったのでしょうか!?今日も来店は一人だったそうで不安は募るばかりだと話していました。県の追加の第2次協力金は、5月に20日間休業したら10万円支給ですが、金額が少なすぎて到底やっていけるものではなく、増額が必要です。

 ようやく事業者への家賃支援が決まりましたが、あまりにも対応が遅すぎ、また利用しにくい仕組みにあきれるばかりです。政府系金融機関から融資を受け、家賃に使った分を後から国が補助する。しかも6月分からの支給?その前にお店や事業所が存続していないかもと怒りの声が寄せられます。

 持続化給付金は、オンライン申請のみで、複雑な内容でわからない。またそもそもオンライン申請ができないお店の方もいます。しかも支給は1回だけ!

 政府と自治体の給付金は、申請の簡素化や条件などをなくし急いで支給すべきです。