戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

国政

核兵器禁止条約に賛同する政府を!

2018年8月10日

 8月9日は、73年前に長崎に原子爆弾が投下された日です。藤沢原水協は、毎月原爆が投下された6日と9日行動としてヒバクシャ国際署名を行っています。昨日9日は、辻堂駅で署名行動があり私も参加しました。

 国連のグレーテス事務総長は、被爆者の方々と懇談し、「平和と核なき世界をめざす私の思いと皆さんの思いは重なります。被爆者に寄り添い連帯したい」と発言しました。長崎市長は、地方議会から300を超える核禁止条約への署名・批准を求める国への意見書があがっていることに触れました。そして唯一の被爆国として世界を非核化に導く道義的責任を果たすよう求めました。

 初めて長崎の記念式典に参加した国連事務総長は核兵器禁止条約に対する国連の姿勢として「全面的に支持し、発行することを望む」と述べました。恥ずかしいのは、禁止条約にふれず、背を向ける安倍首相です。

 駅での署名では、小さいお子さんを連れた親子ずれや、買い物途中の女性の方々などが署名に協力してくれました。署名行動中も、今朝の長後駅宣伝中も艦載機が上空を爆音を響かせて通過していました。

 核抑止力は、核兵器を使うことが前提です。世界に今なお1万4千発も存在する核弾頭。

 被爆者の方々と心を一つに、政府に核兵器禁止条約に賛同するよう強く求めていきましょう!