戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし

神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

国政

憲法にもとづいた政治に変えましょう!

2018年5月3日

 5月3日、今日は71回目の憲法記念日です。藤沢駅で憲法記念日宣伝を行いました。駅から「有明公園の9条改憲NO!憲法集会に行ってきた帰りだよ」というご夫婦が通られました。

 施工後、写真の全国の中学1年生に配られた「あたらしい憲法のはなし」には、こう示されています。

 「こんどの憲法では、日本の国がけっして二度と戦争をしないように二つのことをきめました」その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦争の放棄といいます。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことをほかの国より先に行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。もう一つは、よその国と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、自分のいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、自分の国をほろぼすことになるからです。また国の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。

 戦争の放棄をしっかり子どもたちに伝えている文章です。そして基本的人権、主権在民主義、国際平和主義もわかりやすい言葉で記載されています。

 私たちの暮らしはすべて憲法にもとづいています。国民は、憲法を変えてほしいと思っていない。政府に進めてほしいのは、景気をよくしてほしい。経済政策や高齢者福祉・子育て支援など社会保障の充実です。憲法は、主権者である国民が権力者をしばるためにあります。

 憲法99条は、国務大臣などに憲法を尊重し擁護する義務」を課しています。行政の長である安倍首相が、昨年の5月3日、「期限を区切って9条を改正する」ことを表明し、国会に憲法改正を議論させるのは、99条に違反するものです。憲法で縛られるべき安倍首相が、国民が望んでいない9条改憲を自らの思惑によって進めることは許されないことです。

 憲法をないがしろにする政治を変えましょう!憲法にもとづいた政治に変えるために力を合わせましょう!