戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

国政

防衛大臣に<憲法違反のヘリ空母「いずも」の攻撃型空母への改修に抗議し、中止を求める要請書>提出

2018年12月19日

DSCN1315 DSCN1319

  18日に閣議決定された新たな「防衛計画の大綱」で、海上自衛隊の「いずも」型護衛艦を改修し、垂直着艦できるF35B戦闘機を運用することを可能にしようとしています。「攻撃型空母」を保有することになり、岩屋防衛大臣の「いずも」を米海兵隊のF35Bが使用することもありうるとの発言は、従来の選手防衛の概要を逸脱する憲法違反の「安保法制」の具体化です。「いずも」の母校となっている神奈川県、横須賀市。県民市民が戦争に巻き込まれる危険が増すことになります。改修計画は直ちに止めることを強く求めました。対応したのは、防衛政策課、防衛計画課でした。

 F35B戦闘機を105機も購入する必要があるのかの質問に、「我が国の防衛に必要です」と言い切る防衛省の事務官に驚きました。1機100憶円の戦闘機が105機も必用だとは到底思えません。政府は庶民には財政難だと我慢させ、頼んでいない防衛費は、5年間で27兆4700憶円!安倍首相のお金ではなく、国民の税金です。