戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

県議会

環境農政常任委員会で請願・陳情の審査、議案の採決が行われました。

2016年6月17日

 CIMG7999 

議案の秦野・西丹沢ビジターセンターの指定管理者の指定については、採決され委託先だった(財)神奈川県公園協会が引き続き管理することになりました。

請願のTPP協定交渉結果に関する請願、県立フラワーセンター大船植物園の鑑賞温室の存続、品種数の減少させない計画の撤回などを求める陳情5件は継続審査になりました。

(私は請願は採択、陳情6件は了承)

 その後、会派ごとの意見・要望・採決態度の発言がありました。閉会中の調査についての議題では、常任委員会の県内・県外調査(視察の日程など)についてと、グループ分け(委員12人と共産党1人)について正副委員長に一任で良いかどうかが、はかられました。

 私は、常任委員会調査については、委員全員でいくべきであり、グループ分けについて正副委員長に一任については、賛成できないと発言しました。私以外の委員全員の賛成で一任と決まりました。理由は団長会議の決定にもとづいてというものです。団長会議は意見・調整の場のはずです。常任委員会の上に団長会があり、その決定に従う義務があるのでしょうか。

 8月5日に県内調査(日帰り)8月22日から2泊3日で県外調査(北海道方面を予定)と記載があり常任委員会調査実施が予定されていますが、私は一緒に参加することはできません。

 20日は議運や正副団長会議などが予定され、21日本会議で最終日となります。