戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

活動日誌

毎週金曜日続けられてきた行動

2015年11月7日

 毎週金曜日に、東電横浜支店前で続けられてきた原発反対抗議行動に大山議員と参加しました。参加者が交代でマイクを握りそれぞれ

スピーチをしました。ドラムとリードに合わせて「再稼働反対!今すぐ廃炉!子どもの未来に原発いらない!」とみんなでコール。来週からは、場所を人通りの多い横浜駅に移して金曜日7時から続けるそうです。

 先日参加した「被ばく体験を根本から見つめ直す」学習会で、「福島県民健康調査検討委員会」が明らかにした甲状腺結節性の病気が1835人確認され、そのうち138名が悪性ないし悪性の疑いで手術適用のがんと認定。105名は、すでに手術しそのうち1名だけが両性腫瘍で、残りの104名は悪政腫瘍と再確認されたそうです。平常時の50倍!?

 甲状腺がんの多発は初期の内部被ばくによるものだと。早期発見により、片葉摘出で片側だけを取っているそうですが、全摘(両方とる)することになればホルモン剤の服用を続ける必要がある。チェルノブイリでは再手術で残りの方も、とったという例もあるそうです。

 日本には、活断層が2000、地震プレートも4つあり、火山国で地震も多発しています。海沿いにある原発は、津波で福島と同じことが繰り返される、再稼働などありえないことです。