一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

国政

国民に誠実で信頼できる候補者や政党に託したい!共産党に期待している

2021年10月22日

IMG_0430IMG_0429

 日本共産党のジェンダーパンフです。 (ミモザは国際女性デーのシンボル)

 今週は藤沢駅、辻堂駅で夜のおかえりなさいスタンディング宣伝、今日は2時から湘南台駅でスタンディングをしました。

「共産党のジェンダー平等の政策や気候危機打開の内容を知りたい」と話しかけてくださる方、「自民党、公明とのお金の私物化が許せない!嘘ついたりごまかしたりする政治は変えてくれ!」「政権変えるためには自民党の議席を減らさなきゃだめだ」「誠実な共産党に期待している。信頼できる政治に変えてほしい」「野党が一緒にやれることになってよかった」

 「どうして静かに宣伝しているのか?」「政党助成金をもらわないことは評価する」「中国共産党とどう違うのか」の質問やご意見もありました。

今日は湘南台で、会社がコロナで倒産し、職を探して南足柄から引っ越してきた。今は、いすゞで派遣で働いているという青年が話しかけてきました。生活が厳しい。政府の無駄遣いをやめさせて国民のくらしにまわしてほしい!庶民の味方の共産党を応援する」と。青年には、共産党の政策、非正規社員を正社員に、最低賃金時給1500円、長時間労働の抜本短縮、大企業、富裕層に応分の負担で税金の不公平をただすことを伝えました。

 マイクを使わないスタンディングでは、皆さんと対話ができます。国民の声が生きる政治を一緒に実現しましょう!