一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

活動日誌

核兵器のない世界へ 核兵器禁止条約に署名、批准する日本政府 被爆者と国民の声に誠実に応える政府に!

2021年8月6日

IMG_0271IMG_0277IMG_0273

 8月6日、辻堂駅で藤沢原水協、ピースリレーふじさわなど核兵器廃絶、平和を願う市民の有志が集まり、「日本政府に核兵器禁止条約の署名、批准を求める署名」と街頭原爆パネル展に取り組みました。

今もなお、世界には1万3000発もの核兵器が配備、貯蔵されています。広島の平和式典で広島市長は、一刻も早く禁止条約に署名、批准するよう政府に求めました。菅首相の挨拶では、条約については一切ふれず、しかも大事なフレーズを読み飛ばし、謝るという失態となりました。

 被爆国の日本こそ条約に参加して廃絶の先頭にたつことが求められているのに、「核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くします」などと誓う部分の原稿を読み飛ばしたとはなんとなさけない首相でしょうか。人が用意した原稿は心がこもらず、しかも不誠実になります。

 藤沢市議会も神奈川県議会も「核兵器禁止条約の署名、批准を政府に求める意見書」を提出することができません。(日本共産党は市も県も賛成しています)神奈川県内や全国でも意見書の提出が実現している議会があります。

 皆さん、一緒に声を上げていきましょう。核兵器のない世界を実現するために!