一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

活動日誌

遠くにいけないけど身近な自然に力をもらっています

2021年4月22日

DSCN3755

DSCN3759

 いつもより早く咲き始めたフジの花やモッコウバラ。さわやかな風に吹かれそろそろ花の命も終わりに近づいています。コロナで繰り返される緊急事態宣言や時間短縮や自粛、休業要請。さらに行事やイベントの中止などが続き、今度は飲食店への酒類提供の中止要請まで!

 宣言を繰り返しても、飲食店に要請しても感染を抑えられないのが現状ではないでしょうか。今は検査体制を大幅に増やし、変異株の抑え込みをすることが必要です。オリンピックは中止にしてその予算こそ検査を増やすことに集中して取り組むべきです。無症状の感染者は、気づかずに広げていると専門化も指摘しています。的のはずれた政府の対応に憤りを感じます。

 コロナ禍ですが、季節の花たちは咲き、新緑は鮮やかになっていき植物や樹木の力強い生命力を感じる季節ですね。私たちは豊かな自然や環境から心にエネルギーをもらっています。