一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

未分類

コロナ感染症で大変な時に敵基地攻撃能力?

2020年9月17日

管政権がとなえる自助(自己責任)でコロナ感染症拡大防止対策を、どうやってやるのでしょうか?また大企業の利益優先、規制緩和、民営化、自己責任論、社会保障の切り捨て、庶民増税などを継承する政治に不安な思いでいっぱいになるのは当然です。ところが、テレビのニュースのインタビューで、映像に映し出される声は、喜びの声や期待する声ばかりなのはなぜなのか不思議でなりません。

 しかも今、増税や、社会保障の切り捨てで国民のくらしは厳しくなるばかりです。そしてコロナで倒産や廃業、解雇で仕事や収入を失い苦しんでいる人たちがいる中で、「敵基地攻撃能力」とは、あまりにもひどすぎます。

 

 情報操作はやめて不安の声やおかしいの思いを、なにより真実を伝えることこそ報道の役割です。国民不在の新政権を退散させるために力をあわせましょう。私たちの願いを実現させるため総選挙で、市民と野党の共闘を強め、政権交代を実現させましょう!