一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

未分類

憲法を生かした政治に!補償を急いで!

2020年5月3日

DSCN2740

 藤沢市のポケット憲法です。最初のページに「藤沢市核兵器廃絶平和都市宣言」が、最後のページに「平和都市推進の基本に関する条例」が記載されています!

 今日、5月3日は憲法記念日です。憲法には私たちの生存する権利が、つらぬかれています。

<第25条>すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利と有する。国はすべての生活部面について、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 国民はコロナウイルスによって、外出や移動の制限、また休業要請や営業の時間短縮なども余儀なくされ,失業や倒産もおきています。すでに最低限度の生活も厳しくなっています。政府がすべきことは憲法を生かした政治を今すぐ行うことです。

 ところが、安倍首相や一部の議員は憲法を変えようとしています。憲法9条に自衛隊を書き込むこと。そして緊急事態条項の創設です。くらしも命も危機的な状況の中で、今すべきことは戦争ができるように日本を変えることではありません。戦闘機も武器も必要ありません。そのための予算は削って私たちの安全や命のために、医療や福祉、くらしの補償にこそ使うべきです。

DSCN2738

 <第99条>には天皇、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し養護する義務を負ふ。と憲法尊重擁護の義務が記載されています。

 憲法前文には、主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。また、われらの安全と生存を保持しようと決意したとあります。

 憲法の理念を生かした政治に!私たちの安全や生存を保持するための医療支援やくらしや営業のための保障を今すぐ!一緒に声をあげ、政府に実行を迫りましょう!