戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

社会問題

不適切とはいえない?

2016年6月6日

舛添知事の政治資金の私的流用疑惑の調査結果の記者会見を見ました。ピザ釜の造り方、金魚の飼い方、クレヨンしんちゃんのクイズ本、美術書、書道を書くための中国服などは「不適切とはいえない。違法とはいえない」の弁護士の調査結果の言葉に驚きました。

 宿泊・飲食費は一部返金する、湯河原の別荘は売却するとのことですが、辞任についてはイエス・ノーで言えることではないとのことでした。

 市議会時代の政務活動費では、書籍については、必ず本の題名を記入し、政務活動資料としてふさわしいかどうかも問われました。政治資金規制法の支出内容に規制がないのはおかしいです。

 疑惑の解明には、都議会で百条委員会を設置し真相を明らかにすべきではないでしょうか。

 藤沢では当時の市長や関係者を含む「善行土地取得疑惑」をめぐって百条委員会が設置されました。これは市民の強い要望でもありました。私は百条委員を務め、党派を超えて疑惑の解明にむけて議会が真相を明らかにするために力をあわせました。弁護士にも相談し新たな事実も判明しました。残念ながら真実を明らかにすることはできませんでしたが、市長の再選はなく、市長の交代となりました。

 明日から都議会では、代表質問が始まります。共産党都議団が海外出帳費について追及し今回のことが明らかになりました。今後、総務常任委員会での集中審議の開催が必要です。

 公費も個人のお金も区別なく使う知事では都民のくらしに心を寄せ、苦難の軽減に力を尽くすことは到底できないことは明らかではないでしょうか。