戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

未分類

被災地、被災者に寄り添った支援を強め、川内原発はただちに停止へ

2016年4月20日

CIMG7727

 辻堂駅で九州地方地震の救援募金をお願いしました。お買いものや駅利用の方々が、お財布を開けて募金に協力してくださいました。皆さんの温かいお気持ちは共産党が必ず被災地、被災者に責任をもって届けます。

 避難されている方々は、連日繰り返される地震に脅かされ、不安な日々をおくり、避難施設も不足しています。そして水や食料が足りていない状況です。報道によると全国からの救援物資が県庁に積み上げられているが、配送ルートが確保されていないそうです。

 地震で助かった命が、エコノミークラス症候群により2次災害で奪われていますがあってはならないことです。

明日は雨の予想で、地震により地盤が弱まっている斜面など地すべりがおきないか心配です。

 政府と自治体は、被災地・被災者によりそった支援を早急に強めるべきです。そしてなによりもすぐに決断すべきなのは、川内原発を止めることです。