一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

未分類

8月から施設入居者の食費・居住費に関する負担軽減制度(補足給付)の改悪 入居者に食事代や居住費の負担増

2021年8月8日

8月から介護保険の「補足給付」が改悪されます。施設入居者の食費・居住費に関する負担軽減制度のことです。住民税非課税世帯に補足給付が行なわれていましたが、年金収入120万円超えている方の食費負担を増やします。また資産要件の強化も行なわれます。ショートステイも補足給付段階第2段階~第3段階の②の方まで食費負担が増えます。

 所得の少ない方に負担増を押し付けるのはとんでもないことです。毎月何万円も負担が増えることで支払いが困難になり施設を出て行かざるを得ない人をつくります。共産党はホテルコスト導入時からこの仕組みに反対し見直しを求めてきました。この改悪による影響について政府や行政が調査を行なうよう求めていきます。

 介護保険料を納めていても、安心して介護が受けられないのでは福祉とはいえません。引き続き早急に改善を行うよう求めていきます。