一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

活動日誌

建て替えがすすめられている県営亀井野団地、住み続けられるようにしてほしい。そして工事車両の進入から子どもたちを守るための要望がだされました

2021年5月23日

IMG_0030

県営亀井野団地の建て替えがすすめられています。すでに3棟目が完成し、入居されています。今後3年後を4棟目の建設が予定され、写真奥の古い建物3棟が取り壊される予定です。

老朽化した4階建てには、高齢者の方が多くお住いです。味村市議と訪問すると取り壊されるため、新しい建物に移りたいがスライド家賃で金額が上がるため負担がおもく移れない。他の県営住宅か民間アパートに移るしかない。住み続けられるようにしてほしいと訴えがありました。

IMG_0035

 小学生のおはようボランティアをしてくださっている方から、建て替え工事が行なわれている間、工事車両が右折禁止の団地内道路に入ってきて危険、さらに通学路に9時を過ぎてから大型車両が入る約束が守られていない。子どもたちの安全のためにも守ってほしいという声が寄せられました。

写真の終日右折禁止のたて看板が薄くなり、目立ちません。

IMG_0033

 この信号機の上の標識もわかりにくい状況です。目立つような工夫が必要ですので県警に改善を求めてみます。