一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

藤沢市政

村岡新駅周辺地区まちづくり方針素案に関するパブリックコメントは1月18日までです。是非意見を!

2021年1月17日

DSCN3351

DSCN3356

藤沢市では、村岡新駅と周辺の整備についてパブコメを実施しています。意見の提出期限は18日までになっています。是非、藤沢市に意見をお寄せください。

市内在住、在勤、在学、事業所、その他利害関係者は意見をだすことができます。提出した意見について市の考え方を付して公表されます。氏名等の掲載はされません。議会に資料として示されます。多くの皆さんが感じていること、こうしてほしいと思うことを記入して市にだしてください。

 これからの私たちの税金の使い方が問われる大プロジェクトです。開発計画は一度始めたら、途中で止めることは難しいです。すでに藤沢市民の税金が設計費として1億円も使われました。県費も合わせれば2億円です。PCR検査の実施や人口呼吸器の購入に使える税金です。今後も総額400億円以上の予算規模で進められ、完成まで予算は増え続けるのが開発事業です。

 今、求められているのは老朽化している生活道路の修理・修繕、狭くて危険な跨線橋の架け替え、コミュニティーバス網のさらなる整備、不足している高齢者施設や保育園の増設、優先して進めることが必要です。

 福祉の増進が自治体の役割です。あらたな道路や駅をつくり、企業呼び込み型の開発を行い、環境破壊を行なっている時でしょうか?県はヘルスケアで健康増進といいますが医療産業を設けさせる仕組みはもういりません。コロナ禍で苦しむ市民の願いは感染症対策の強化です。

 バラ色のまちづくりは、市民の切実なくらしの要望とかけ離れています。今、おかしいと声をあげまししょう!まちづくりの主役は、私たち住民です。

 提出先は、藤沢市 都市整備部 都市整備課 FAX 0466-50-8421  市のHPからも送信できます。