一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

活動日誌

定例宣伝、今日は湘南台駅でした!

2020年9月8日

  DSCN3075

 沼上とくみつ衆議院比例予定候補と土屋市議、後援会の皆さんと一緒に湘南台駅で宣伝しました。自民党総裁選で誰になるかよりも大切なことは、コロナ禍の中で困難を極めている国民のくらしを応援する政策にどう取り組むかです。安倍首と同じ路線で政治をすすめるのでは、何も変わりません。今までの政府のコロナ対応を評価しないという回答は6割を超えています。国民の不満は高まるばかりなのに自助・共助・公助などと自己責任論をいまさら強調するなんの反省もない政権にこれ以上任せることはできません。

 私たちには、休業要請や自粛を求め、新しいし生活様式など負担だけが押し付けられています。すでに給付金も協力金も使い果たし、営業や生活が厳しくなっている国民に心を寄せ税金の使い方を変えるばきです。誰のためになんのために優先して使うかが問われています。

 これまでの医療改悪、保健所の削減、社会保障の切り捨て、消費税の増税、軍事費の増大などを改める新しい野党連合政権を一緒につくり今度こそ政権交代を果たしましょう!共産党は人が大切にされる希望ある政治を実現するために皆さんと力を合わせ頑張ります!