一人ひとりが大切にされる政治に
前神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

活動日誌

2020年世界大会・NPT再検討会議参加者会議

2019年12月19日

DSCN2208

 レースの鶴・クジャク鶴

 2020年4月24日からニューヨークで開催される世界大会・NPT(核不拡散再検討会議)に、私が共産党湘南地区委員会の代表として参加することになりました。今夜、神奈川の代表団の参加者会議が行われました。参加者70人を目指しているそうです。現在は40人の申し込みがあり今日は30人が参加しました。

 世界大会の名称には、核兵器廃絶、気候の危機と阻止と反転、社会的経済的正義のために この3つの目的がこめられています。開会総会、全体会議、分科会、閉会総会、ヒバクシャ国際署名の国連への提出、市内パレード、平和フェスティバルなどの行動が予定されています。

 現地でのヒバクシャ国際署名行動では、この写真のツルを署名したくれた方に渡そうと考え、折り方を教えてもらいつくってみました。ささやかな日本からのプレゼント喜んでもらえるでしょうか。

 これまでの署名、そしてこれから署名していただく分も含めて直接私たちが国連に届けます。

 核兵器依存の政府から禁止・廃絶政府へそしてすでに34か国が批准し、残り16か国となり核兵器禁止条約の発効が目前に迫ってきた希望ある情勢です。

 核兵器の開発や製造をやめて、そのお金こそ世界中の格差と貧困をなくし、飢餓や病気で亡くなる子どもたちの命を救うことができます。

 神奈川の草の根の、「核兵器のない平和な世界を!」の声を国連にとどけます!