戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

未分類

本質を見抜く力を!

2018年9月23日

 第63回神奈川県・第15回横須賀母親大会が開催されました。

 午前中は「いまこそ中学校給食の実現を!」の分科会に参加しました。川崎の自校方式の給食4校の取り組みでは、5教室分の敷地がないと自校方式の給食室の建設はできないと行政が説明していたそうですが、完成したのは調理室は2階建てだったそうです。2階だてて建設することはひとことも聞いていなかった!?それぞれの地域の取り組みを交流し、進んだ経験も聞くことができました。私は共産党県議団で、市町村の自校方式の中学校給食を県として支援する、「中学校給食促進事業費補助金」の創設を繰り返し求めていることを報告しました。中学校の完全給食にむけて皆さんと一緒に頑張ります。

 午後は浜 矩子さんの「経済活動は何のため、誰のため」~人と経済の正しい関係~でした。主な内容は「経済活動」は本来人間を幸せにするためのもの。ところが、経済活動が全面に進めば、人は後ろに回り不幸になるが、それを正しいこと思わされている。また今後、問いただすべきことは何かでは、物事の本質を見極めることが必要。たとえば「人づくり革命」はお国のための人間改造プロジュクト、「働き方改革」はただ働き青天井。

また安倍首相とトランプ大統領に共通することとして「幼児的凶暴性」をあげ、自分を脅かす行動をとってくる、さからう相手に対して、がまんならぬからやっつけてやるとなることだそうです。人のために泣くことがことができない人、人の痛みがわからないため泣くことができない、幼児がそうだという説明に納得してしまいました。そういえば私たちの身近に同じような方がいるのでは?

 アピール、17の大会スローガンが拍手で承認されました。また特別決議は「オスプレイも米軍基地強化も許さない! 安心して暮らせる神奈川に」でした。