戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

社会問題

共謀罪で日本は監視社会が進む可能性を指摘

2017年6月3日

エドワード・スノーデン氏(元SIA職員)が警告するのは、共謀罪が導入されれば「監視社会」が確実に進み、警察が支配することになると。アメリカでは、国内のすべての電話通知に関するメガデーターを毎日、アメリカの電話会社に提出させ、IT企業から電子メールやSNSなどの秘密裏に提出させるなどが行われている。日常的に市民のプラーバシーの監視がおこなわれているそうです。公然と自由に行動することができなくなる。プラーバシーは隠すものではなく守るものだと。

 共謀罪はテロとは関係のない内容になっている。いったい本当の目的はなんなのか。政府があらたな監視を強めることが目的ではないのかと。

 実は日常的に、私たちの監視はすでに行われている?共謀罪で以前よりも逮捕しやすくなる?

 過去の事実であきらかなように、治安維持法と同じで「限定的で一般の人には関係ない」といってたが、拡大解釈されて多くの人が逮捕された。

「政治や社会におかしいと声をあげ、行動する国民を黙らせようとする共謀罪は反対!」藤沢駅南口で宣伝と署名行動を行いました。署名に協力してくださる方、「一緒に安倍政権をやめさせよう」と声かけながら、飛び入りでビラを1時間配ってくださった方。連帯の行動に元気がでます。なんとしても廃案に!