戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

社会問題

やはり落ちた!危険なオスプレイの飛行は中止に!

2016年12月15日

 沖縄県名護市の浅瀬に墜落して大破したオスプレイ。不時着ではないことは海に散乱する機体の映像をみれば明らかです。

 しかも前日、別のオスプレイが普天間基地で胴体着陸の事故をおこしていたと報道されました。

 今回の墜落について米軍の説明は、空中給油訓練中の事故によるものでだと説明していました。(給油ワイヤーが切断、プロペラに接触?)

 機体の操縦さえも危険なオスプレイを、さらにリスクの高い訓練を重ねて行うなどやめるべきです。 

 沖縄県の副知事の抗議に対して住民に被害がなかったのだから感謝されるべきというあまりにもひどい発言を聞き、これが米軍の日本に対する姿勢なのだと感じました。

 黒岩知事も事故原因の究明と再発防止策を直ちに求めたと報道がありました。安全が確認されるまで飛行中止は当然のことです。でもハワイの事故と同じように操縦ミスなど人為的な原因だとして問題ないとするのでしょうか?許されないことです。

 自衛隊もこのオスプレイを17機も購入しようとしています。1機の値段は100億円以上です。それなのに政府与党は国会で国民の声を聞かずに「年金制度改革法、カジノ解禁法」を可決しようとしているのですから呆れるばかりです。

今回の事故でやはりオスプレイは危険だと証明されたのではないでしょうか。日本の上空のどこにも墜落の危険があるオスプレイはいらない。ご一緒に声をあげましょう!