戦争する国づくりストップを!
平和・子育て・教育・くらし
神奈川県議会議員

加藤なを子

かとう なをこ

活動日誌

茅ケ崎で議会報告会

2016年7月24日

 茅ケ崎市で沼上市議、中野市議の議会報告会が開催され、私も参加させてもらいました。6月の県議会の報告と保健所を県から市に移すことについて県のとらえ方や今後の課題などについて報告しました。

 参加した方々から、避難所や災害対策、土砂災害警戒地域、保育園待機児、津波対策、住宅政策、特養待機者などさまざまな県に係わる質問や意見が多くだされました。

 当初、保健所については、県の緊急財政対策として老朽化している保健所の建物は耐震度がないため危険。衛生研究所に移転する。県で建て替えるから市でやってほしい。その後危険だという建物でやってほしいとなったそうです。やはり緊急財政対策による県の切り捨てがあったことがわかりました。

 市が自ら保健所をやるといったのでという主張は県の誘導であったことは明らかです。説明会では、雨漏りは県で修理すると応えたそうですが、建て替えが必要な建物ではなかったのでしょうか。